MENU
メニュー

ITエンジニアに向いてないのであれば、転職先を探すべきです。向いてない仕事より向いてる仕事のほうがずっと充実した毎日を過ごせるからです。

しかし、「ITエンジニアに向いてないから辞める」と結論付けるには、さまざまな視点から検討する必要があります。

この記事では、転職先を探す前に考えるべきポイントやITエンジニアに向いてない人と向いている人の違いをまとめています。

また、記事の後半では転職先選びに重視すべきたったひとつの条件についても解説しています。

「ITエンジニアに向いてない」と感じた時、転職先はどこにするべき?

ITエンジニアに向いてないと感じた場合、すぐに転職先を探し始めるのはおすすめできません。

なぜなら、自己分析が不十分であったり、一時の感情で決断している可能性があるためです。

ITエンジニアに向いてないと結論付ける前に、次のことをもう一度検討しましょう。

辞めたいのは本当にITエンジニアなのか?

ITエンジニアに向いてないのではなく、職場環境に問題があってあなたの力を存分に発揮できてない可能性はありませんか?

同じ仕事でも、働く場所によって気持ちや仕事の成果は大きく変わるものです。たとえば人間関係が上手くいっていない職場であれば、ITエンジニアに向いていたとしてもしんどいですよね。

あなたの問題はITエンジニアとしての適性なのか、もう一度考えてみてください。

働き方が合っていないのか?

ITエンジニアに向いてないと感じる根拠として、働き方が合っていないということであれば、別のITエンジニア職を選ぶ、もしくはITエンジニアのスキルを活かせる転職を検討してはいかがでしょうか?

ITエンジニアの種類はたくさんありますよね。

・システムエンジニア
・プログラマー
・セールスエンジニア
・インフラエンジニア
・ネットワークエンジニア
・WEBエンジニア
・フロントエンドエンジニア など

働き方を見直すなら、あなたが苦手なことやキャリアプランに照らし合わせて検討することをおすすめします。

会社勤めに向いてないのか?

ITエンジニアというよりも、会社勤めに向いてない可能性もあります。

・会社のルールや方針に納得できないことが多い
・一人で取り組みたいタイプ
・理不尽な思いは絶対にしたくない
・人間関係を築くのが苦手
・決められた時間、場所に縛られるのが苦痛

上記に当てはまる場合は、フリーランスのITエンジニアという選択肢もあります。

自分次第で収入アップに期待が持てますし、仕事も選べます。好きな時間、好きな場所で働けるのもフリーランスのITエンジニアの魅力。

ただし、会社員よりは収入が不安定になりやすいですし、営業もしなくてはいけません。また、社会的信頼が下がる場面もあるため、こうしたデメリットと上手く付き合っていく必要があります。

ITエンジニアに向いていないのか、別の問題を抱えているのかの見極めは簡単ではありません。
周囲に相談しながらじっくりと検討してください。

ITエンジニアに「向いてないな…」と思う瞬間とは?転職理由8つ

ITエンジニアの転職理由として多いのは、以下の通りです。

・他にやりたいことを見つけたから
・ITに興味を持てなかったから
・新しい技術を勉強し続けることに疲れたから
・プレッシャーや責任が大きい仕事だから
・仕事がきついから
・仕事内容に対して給与が少ないから
・やりたい仕事ができなかったから
・業界の未来に不安を感じたから

次の目標が明確になっている場合は、ポジティブな気持ちで行動できるでしょう。しかし、転職理由がネガティブなものだった場合、転職先でも引きずってしまうものです。

そうならないためには、転職先で同じ問題にぶつからないよう自己分析をしっかりと行う必要があります。

自己分析では、次のことを言語化していきます。

・自分の長所と短所
・仕事に対して求めることは何か(仕事観)
・人生において重視していることは何か(人生観)

忙しさやストレスで、考え方や価値観を見失っていないか振り返ってみましょう。

ITエンジニアに向いてない人と向いている人の違い

ITエンジニアに向いてない人と、向いている人の違いは以下の通りです。

ITエンジニアに向いてない人ITエンジニアに向いている人
ITの分野に興味が持てない好奇心旺盛で新しいことが好き
不安感が強い、真面目すぎるトラブルや予定の変更に対して臨機応変に対応できる
指示がないと動けない論理的思考力を持っている
イレギュラーな出来事に弱いコミュニケーション能力が高い

上記はあくまで特徴を並べただけです。
向いてない特徴に多く当てはまるからといって、その仕事ができないということではありません。

目の前にあるタスクをひとつずつこなしていくと、小さな達成感を積み重ねられます。続けていく内に周囲からも認められるようになる可能性は十分にあるのです。

また、向いてない・向いているといった適性だけではなく、次のことも転職先選びには重要です。

・会社の理念、方針に納得できるか
・働きやすい職場環境か
・評価基準(年功序列or実力主義)に納得できるか
・プライベートも充実できそうか

納得できる要素が多いほど、向いてないという壁にぶつかった時にあなたの支えになってくれますよ。

ITエンジニアに向いてないと思ったときに重視すべき転職先の条件

「ITエンジニアに向いてない」と感じたことが理由で転職先を探すなら、働きやすい職場環境を第一条件にしましょう。

働きやすい職場環境とは以下の通りです。

・上下関係がフラットで意見を言いやすい
・社員の健康に配慮している
・健康的なライフスタイルを推奨している
・社員の育成に力を入れている
・福利厚生が充実している
・裁量権がある など

職場環境が良好だと、たとえITエンジニアに向いていなかったとしても、その影響を小さくできます。また、これまでのスキルや経験を活かしてより意欲的に働ける可能性も大いにあります。

東京都で転職先を探しているならZEN PLACEへ

株式会社ZEN PLACEは、働きやすい職場環境を用意しています。

ZEN PLACEはエクササイズを通して人々の豊かな人生をサポートしている企業です。ピラティスやヨガのレッスンスタジオ運営や訪問看護、従業員向けヘルスケアプログラムなど幅広く事業を展開しています。

システムチームにおいては、テクノロジーによってウェルビーイング(身体的・精神的・社会的に健康であること)をつくることに励んでいます。

例)
・ピラティスにおける背骨の流動性を可視化できる解析システム
・暗号通貨を社内でインセンティブとして送付できるトークンアプリ
・仮想空間でレッスンの受講や買い物ができるシステム
・顔認証システムなど

職場環境としては次のような特徴があります。

・要件定義、設計、開発に一貫して携われる
・社員の意見を積極的に取り入れている
・社長がITに力を入れている
・スピード感を重視している
・17時以降に残ることは少ない(朝方勤務を推奨)
・女性の比率が高い
・社長も含め下の名前で呼び合う関係で堅苦しさがない
・キャリアアップできる環境が整っている
・ピラティスのオンラインレッスンを受講でき、運動不足を解消できる

ウェルビーイングを重視しているからこそ、社員の働きやすさも大切にしています。

まとめ:ZEN PLACEのITエンジニアとして働きませんか

ZEN PLACEでは、自分の技術で世の中をよりよくしていきたいという想いを持つDX人材の方を募集しています。

まずはあなた自身がウェルビーイングな働き方で、心と体のバランスが整う感覚を味わってください。そして豊かな人生を送る人を、一人でも多く増やしていくことにチャレンジしていきましょう!

詳細はこちら

著者情報

腰痛メディア編集部
腰痛メディア編集部

痛みや体の不調で悩むあなたへ、役立つ情報をお届け。

自分の体の状況(病態)を正しく理解し、セルフマネジメントできるようになることが私たちの目的です。

記事のご意見・ご感想お待ちしております。

この著者の他の記事を見る
parttime_202406